HOMEナチュセンブログ社長・店長ブログ>無添加住宅原点視察旅行
5500
無添加住宅原点視察旅行
2014年12月4日ブログテーマ : 社長・店長ブログ
DSCF97921
11月におととしに続いて2回目の無添加住宅原点視察旅行へ参加してまいりました。

前回はフランスがメインだったのですが、今回はポルトガルとスペインがメインとなります。

初日は移動で終わり、現地での初日がスタートしました。

写真はランチをいただいた、めちゃくちゃ眺めの良いレストランです。

その後、炭化コルク工場へ向かいました。
DSCF9812-e1417501643626
こちらがコルクの木です。

こちらの皮は9年待つと再生します。

とってもエコロジーな建築材料ですよね。
DSC_01904
原材料のコルクがたくさん野積みになっていました。(笑)
DSCF9832-e1417501542202
製造工程を見学させていただきました。

上の写真はまさに出来立てほやほやの炭化コルクです。

蒸し焼きにすることでみずからの樹液で固まり、接着剤は使われておりません。


DSC_0202
これを必要な厚さでカットしていきます。

糸鋸の親分みたいな刃でカットしていました。(笑)
DSC_02265-e1417501674113
コルク会社の社長さんが「炭化コルクは燃えません」(もちろん日本語ではない)とアピール!
DSC_0227-e1417649892849
燃やしている炭化コルクの上にはご自分の携帯やらカードやら財布やらを置いてました。(笑)
DSCF9846
敷地の中には炭化コルクで造られた小屋があったり・・・。
DSCF9848
炭化コルクで造られた椅子やその他オモシログッズ(試作品)があったりとなかなか日本では見られないものが見れました。
炭化コルクが素晴らしいことは断熱性もさることながら、防音性や調湿性、防虫性も兼ね備えているところです。

高価なのが難点ですが、無添加住宅では外壁の下地材も兼ねる工法により、高額にならないように配慮された使い方をしております。

古くは冷蔵庫の断熱材に使われたり、現代でもスペースシャトルの断熱材に使われているそうです。


菅原
このページの先頭へ戻る