HOMEナチュセンブログスタッフブログ>経年美化を感じるOB様宅見学会ツアー開催
16339
経年美化を感じるOB様宅見学会ツアー開催
2018年5月20日ブログテーマ : スタッフブログ
4人家族M様キッチン
石のカウンターテーブル
本日は、すっきりと晴れたマラソン日和です!
なぜ、マラソンかと言いますと、「奥州きらめきマラソン」なるものが、本日5月20日に開催されているんです。
前沢からここ水沢を通って江刺まで、往復42.195㌔をランナーが走っていきますよ!
今は田植えシーズンなので田んぼには水がはられて、水面はキラキラ!木々は青々!!
新緑の生き生きとした若い葉の木々に包まれ、真っ青な空に導かれて走れる絶好の日です。

そんな中、マラソンをするスタッフのいないナチュラルセンスでは、イベントを開催していましたよ。
OB様宅のご見学会です。

住宅の「経年美化」と、私共は呼ばせてもらっていますが、
床の木材の日焼けや照り、反り、
漆喰のひびなど、
年月を重ねるごとに、素材の色合いが変わっていくことを良しとした考えです。
フローリングのように木屑を集めて接着剤でくっつけ木のようにしたものは、接着剤の耐用年数がすぎれば、それ自体が壊れていきます。一方、一本の木から作った床材は、呼吸し伸縮しながら生き続け、日の光を浴び日焼けしたり私たちの汗や皮脂で磨かれ何とも言えない深い良い色になっていくのです。
壁紙は、破れたり、接着剤の色が浮いて黄ばんだ色になります。一方漆喰は、隅にひびが入ったり、浮いたりということがあるものの補修可能で、白さを保ちます。生活の際に削れたり傷ついたり落書きしたりと、歴史が刻まれるのも住んでいるからの良さです。
そんな変化や、お住みになっていらっしゃるお施主様にお話を聞ける機会でもあります。
私共に聞きにくいことをコソっと聞いてみるのもいいかもしれませんね。

建ててからの良さ「経年美化」をお感じになっていただければと思います。

 
さて、ショールームの方は、着々と改修工事が進んでおります!
屋根に石の設置が近づいてきているようで、それを敷いていくための枠ができてきています。
それはそれは、ビシーッとそろって見ていてきもちがいいです。
住宅関係のご見学、ご相談は随時お受けしておりますので、どうぞお気軽にいらしてくださいね!
構造見学とまではいかないかもしれませんが、無添加住宅を建てる工程もご紹介できるかと思います。
お待ちしております。

きくちあや


関連のナチュセンブログを見る

このページの先頭へ戻る