HOMEナチュセンブログ>スタッフブログ

季節の変わり目だから…?

2018年4月2日ブログテーマ : スタッフブログ
先日、久しぶりに家族がそろってお休み
ということもあり、
北上市のショッピングセンターへ出かけました。

3月は、年度を終えるにあたって様々な行事も重なり、
少々疲れ気味(-_-;)
昼夜の寒暖差も加わり体調を崩していました。

少しだるさを感じながらも、家族の休日を楽しもう!
と、気持ちは軽く出かけました。

ショッピングセンターで、
各々ショッピングを楽しんでいると
目に違和感を感じました。
その後、だんだんと目の痛みは強くなり、
頭痛まで…

この感じ、
今までも何度か味わったことのある症状です。

始めてこの症状を感じたのは、
結婚して新居に置くための家具をえらびに、
盛岡のとある家具やさんへ行った時でした。

目にチクチクと刺すような刺激から痛みを感じて、
涙がとまらなくなり、
目をひらいていられなくなりました。

そのとき、感じていたのが〝シンナーの臭い〟

わたしは、独身時代も建築関係の
仕事をしていましたので

〝この臭い〟〝この症状〟から、なんとなく
これが、〝シックハウス〟の症状かな…
と思っていました。
その後も、家具やさんに行くたびに
この症状を自覚していました。


幸い、その建物から出てしまえば
症状は楽になりますし、

他の新築の建物などでも症状がでることは
ありませんでしたので、
私の場合は
この症状に対して考えすぎることもなく

やり過ごすことが出来ました。

事前に〝シックハウス症候群〟
という言葉を知っていたこと、

〝シックハウス症候群の発症原因〟
が何にあるのか知っていたこと、

で、冷静に対処できたことが大きいと思います。


5,6年ほど前に、この奥州市の小学校でも、
〝シックスクール症候群〟
の症状を
複数の児童がうったえたことがありましたし、

「聞いたことある」という方は
少なくないのではないでしょうか?


この〝シックハウス症候群〟という病気は、
簡単に説明すると、

人それぞれが体内に、それぞれの大きさの
ビーカーを持っていて
そこから溢れだした科学物質に、
アレルギー反応が出た症状です。

※シックハウスの詳しい情報は厚生労働省のこちらの
ページをご参照ください
生活環境におけるシックハウス対策のページ

したがって、ビーカーの大きさには個人差があるので、
簡単に溢れる人もいれば、
なかなか溢れない人もいるわけです。

私の場合は、シックハウス症候群の原因である
化学接着剤を
製造過程で多量に使用する〝合板〟を、
大量に使用して作られた家具が、

これまた、大量に展示してある場所で発症しました。
(私が感じたシンナーの臭いはこれですね。)

わたしのビーカーの容量から
さすがに溢れだしてしまったということです。
(自分では自分のビーカーがそれほど
小さくはないと思っています)

上記にご紹介している厚生労働省のページを見てもらえば
わかるのですが、原因や症状は千差万別です。

ビーカーの容量が小さく、
かなりつらい思いをされている方もいますし、
私のように、あまりにも多量にある場所
でのみ発症している人もいます。

そして、なかにはこの〝シックハウス〟という症状を
理解されず、苦しんでいる方もいるのです。

『新築』という夢や希望にみちあふれているとき、
水を差されるように感じる方もいるかもしれませんが、
化学接着剤を大量に使った家を建てる前に、
シックハウス症候群を知っていてほしいと思います。

〝知っていたら回避できること〟なのですから。

さとうまこと


シックハウスの原因物質は特定されていないが、建築基準法ではホルムアルデヒド、クロルピリホスのみを規制。

家づくりに大切なきもち

2018年3月30日ブログテーマ : スタッフブログ
街で素敵なおうちを見かけて、
〝家を建てるならあんな家がいいなぁ!〟
と、目をとめることがあります。

そろそろ、自分の家が欲しいなぁ…
と考え始めたら尚のこと!

素敵なおうちに突撃訪問して、
「このおうち!どこで建てたんですか?!」
…なんて聞きたくなっちゃいます。
まさに、テンションはマックス状態!

花をつけた木立からのぞく、漆喰壁と煙突が印象的な無添加住宅

せっかく家を建てるんだから、
自分が大好きな家を建てたい!!
と、思うのは当たり前のこと!

〝子供たちといっしょにお菓子作りがしたい〟
〝寝そべっても気持ちいい素材のフロアー〟
〝シンプルがいいから収納がたくさんほしいな〟
〝カーテンやファブリックはリネンにしよう!〟
〝ハンドメイドのかわいい雑貨をかざりたい〟
〝照明はガラス素材のペンダントライトがすてき〟

もう考え出すと止まらなくなってしまうのです(*^_^*)


892

家をたてるとき、
現実には制限や規制がついてくるものですが、
『家を建てるなら…!』
で、むくむくと溢れ出してくる思いを
最後まで大切にしてほしいなと、私は思うのです。


リビングに隣接した子供室。抜け穴トンネル、かまくら隠れ基地など遊び心満載

色んなことにとらわれないで、
〝家を建てるならあんな家がいいなぁ〟と思った
あの時のときめきを
大事に、大事にしてくださいね。

想いをつめこんだ、〝自分にとって満点の家〟
ずっと、ずっと
大好きでいられる家をつくってほしいな、
と、私は思います。

 
さとうまこと


新商品(そとかべバリア)

2018年3月27日ブログテーマ : スタッフブログ
こんにちは!
暖かくなり春らしくなってきました!
春になると山菜を食べたくなる鈴木です

さて今回は新商品(そとかべバリア)の紹介です!
当社ではすでに現在施工中の現場から使用しております!
今まで使用しておりました(しっくいバリア)の撥水効果、防汚効果のうち
撥水効果がさらに進化した商品です。実際に現場で効果を実感し驚いております


a438f6167d0706cf3c04f875dfaf41041-e1518312572504
さらに(そとかべバリア)は建築後数年経過した漆喰の汚れにも効果があります。実際に当社ショールームでも漆喰の少し汚れてる場所へ本日塗布しましたのでこれから経過観察して随時報告していきたいと思いますショールームに来た方はどこに塗布したか探してみて下さい
3cf8c552591dc986df2bac31d2dcf7b71
(そとかべバリア)の仕組みを分かりやすくした図です!
詳しく(そとかべバリア)について知りたい方は是非当社ショールームへお越しください

建築中の現場より!!!

2018年3月12日ブログテーマ : スタッフブログ
S_7627643919839
こんにちは!
また車が故障した鈴木です
今年2度目の故障です
日頃の行いでしょうか・・・

さて今回は4月に完成見学会を予定しております現場の写真です
「コンク」という企画型無添加住宅の商品です
フランスでもっとも美しい村 コンク。
そこには、2000年以上も昔から世界各地で
使われてきた、漆喰壁の家の姿が建ち並びます。
その伝統ある美しい家々を日本の風土に合うように
改良されたのが、無添加住宅「コンク」です。
室内や外部に伝統のある漆喰を使用するのはもちろん、
フローリングや建具にも無垢材を使い、
経年変化を楽しんでいただけるように素材を選んでいます。

是非4月の完成見学会へのご来場を社員一同お待ちしております



S_7610849906762

S_7610849950284
387641f83ae7988ed1ea3e4152293ca8

改装中の現場より

2018年3月1日ブログテーマ : スタッフブログ
日本列島に低気圧が発生している本日、
水沢も朝から強い雨と風が吹いていました。
一気に雪は溶けてくれそうですが、家を作る現場ではなるべくなら降ってほしくないものです。

ショールームの改修工事が少しずつ進んでいます。
今日は、地盤改良工事が入っています。

まず見えてくる、機械を摘んでくる大きなピカピカのトラックに目を奪われ、さらに奥には2階に届くほどの掘削機が!
子どものように、ドキドキワクワクしてしまう自分がいます。

家を建てるのを見ているのは、本当に楽しいです。
私はお菓子をよく作るのですが、
何時間で出来るお菓子だって、作っている間も形が出来上がってくるワクワク感があります。
が、家づくりはその何倍もワクワクします。

大きな大きな機械に、基礎屋さんの水道工事の掘っている姿や、電気工事の壁に潜り込んでの作業、左官さんの丁寧で繊細な漆喰塗、そしてなにより大工さんの力強い太い腕にゴツゴツの手から出来上がってくる私たちの生活を包んでくれる安らぎの居場所。
何日も何か月もかけて造られる家、どんな風に変わっていくのか楽しみにしていてくださいね!



IMG_27211
IMG_27151
さて、もう一つ、
今月はOB宅訪問第2段です!
住んでからの経過を肌で体感しませんか?
お待ちしております!!

きくちあや
6da3d7628969f9efe0c7af4e1a3cbd65

このページの先頭へ戻る