HOME>ナチュセンブログ

カビが生えにくい環境で快適生活!

2018年4月10日ブログテーマ : スタッフブログ
先日ブログで漆喰の特徴をお伝えしました
その中で漆喰は室内の結露の発生を抑える調湿性とアルカリ性の為カビ、ダニに強いとお話致しました!
その効果を証明する実験を行いましたのでご紹介させて頂きます。

無添加住宅(しっくい壁、無垢の床)と一般的な新建材の住宅(ビニールクロス壁、合板床)の内装を
水槽の中で密閉した状態にしてどちらがカビが発生しやすい住環境なのか実験致しましたm(__)m
before
S_7769124565476
準備するもの
①コップ一杯の水
②温度、湿度計
③市販のパンと無添加のパン

arrow1
after
S_77691991069971
3月30日から実験スタートし今日で12日目です。
顕著に違いが出てきました
無添加住宅室内環境の水槽はまだカビが生えておらず
湿度も91%に対して新建材の家の水槽はカビが生えてきて
湿度も95%と高めです湿度によって体感温度や心地よさも変わってきます
S_7769186419016
言われてもピンとこないことも、実際に実験して結果として出るとこんなにも差が出るのかと毎回痛感致します。
よく一般的に人は口からの水や食べ物→2kg/1日で、口や鼻からの空気→20kg/1日摂取していると言われています。
食事は選べますが空気は選べません!特に小さいお子さんはたくさん呼吸するので大人よりもたくさんの空気を必要とします。常に生活する住環境を無添加住宅のショールームに来て頂き実感して頂けると嬉しいです
S_7769527750532
また無添加住宅で使用している木は無垢材です。

無垢材と言われてもどんな木と思われる方もいらっしゃると思います。そもそも無垢とは「純真無垢」とか女性が結婚式で着る「白無垢」などにも使われているように【そのまま】という意味があります。無垢材とは丸太からきったそのままの状態の木です。
S_7769527684504
無垢材に触れてみるとまず優しさが伝わります。
夏はヒンヤリと涼しく夏はジワッと暖かいです。
また漆喰と同様に調湿効果もあり、室内が乾燥した時は水分を出し、湿気が多いときは水分を吸い込みます
上の写真を見て頂くと一目瞭然ですが冷凍庫に入れておいた無垢材とカラーフロアのちがいです。カラーフロアは結露しておりすごく冷たいですが無垢材はまったく結露しておりません

是非実際にショールームに来て頂き違いを実感して頂けると嬉しいです

すずき しょうた

三種類のケーキをワンプレートに.

2018年4月7日ブログテーマ : カフェブログ
三種のケーキ盛り合わせ
N CAFEでお出ししているケーキをちょっとずつ、全種類召し上がっていただけるよう
『三種のプレート』を作っています。
ケーキの中身はその時カフェに出ているものなので、日替わりです。
気になるものが色々あったらぜひ、こちらを召しあがってくださいね。

そして、ここで注目して頂きたいもう一つのポイントが、お皿!!

最近流行りのスレート皿という石を切り取って作ったものです。
この石、無添加住宅では屋根材として使っております。


石屋根
屋根材は、石(スレート)、金属製、粘土材、セメントで出来たもと、大きく4つあります。

金属製のものは、ガルバリウム鋼板やトタンといったもので、
瓦に代わって多く使われていて、軽く使いやすく、費用も抑えられます。
粘土材は、和瓦や洋瓦といったもので、防音性にすぐれ日本で最も広く使われてきたものです。
セメント材は、コンクリートで造られた瓦で、形にムラがなく生産できるようですが今ではあまり使われなくなっているようです。
そして、石(スレート)です。
粘板岩という岩石を板状に加工してつくられたもので、夏の厚さを遮断し、耐久性、防水性にも優れています。
無添加住宅では独自の工法で、和瓦よりも3割ほど軽く仕上がるように葺きます。
また、10年後20年後と続く屋根の葺き替えがないので、メンテナンスフリーと言えます。
東京駅駅舎で使われていまして、その重厚な存在感はお分かりいただけるかと思います。

そんな屋根材を使っていますので、
カフェでお茶していただいた時は、ちょこっとお皿も見てやってくださいね♪


きくちあや




ナチュラルセンスのお家作りは、やさしさで出来ています!

2018年4月3日ブログテーマ : スタッフブログ
こんにちは
ようやくタイヤ交換した鈴木です

本日は一関の建築現場の写真を少しご紹介致します
快晴でしっくいが乱反射してより漆喰独自の白い輝きを放っております
タイトルにもあったやさしさ其①が天然の白い輝き、呼吸する伝統の壁材・・・漆喰です。

S_7732182170276
漆喰の特徴①しっくいは燃えません。
     ②室内の結露の発生を抑える調湿性。
     ③室内の有用菌を活かす。
     ④漆喰はアルカリ性の為カビ、ダニに強い。
     ⑤一切化学物質が含まれておらず安全。
     ⑥しっくいの汚れても補修は簡単。
S_7732227456231-e1522739466156
S_7732227473191
建具や梁には『ベンガラ+豆乳+焼酎』で白い無添加塗装。

やさしさ其②が無添加塗装【ベンガラ】です

ベンガラとは土から取れる成分(酸化鉄)です。
語源はインドのベンガル地方から伝来したことからそう呼ばれております。
漆喰や木部の色付け、防腐防虫にも効果があり、日本伝統の着色材です

これからも少しづつナチュラルセンスのやさしさをお伝えしていきます

すずき しょうた

生クリームたっぷりなマフィンはいかがですか?

2018年4月3日ブログテーマ : カフェブログ
51e2de772ffc85035cf14e4cfffb99ac-e1522733331862
寒い寒い冬がいつまで続くのかと思っていた岩手ですが、
少し暖かくなったかと思ったらものすごい速さで春がやって来ました。
冬の間厚い雪に埋もれながらショールームに彩りをくれたパンジーも
チューリップもヒヤシンスも、
庭のお花たちがいっぱい咲き誇っています。

視覚から色を感じるとなんとなく思考にも作用するのか
ケーキにも色のある果物をチョイス

ブルーベリーのマフィンを焼きました。

たーっぷりの生クリームと一緒に
がぶっ!と
頬張っちゃってください♬

同じくリンゴとシナモンのマフィンも焼きました。
シナモン好きにはちょっとおすすめ!
多めに効かせた一品ですよ♪


N CAFEでお出しするお菓子は「無添加」にこだわっています。
バターや小麦粉から卵もお砂糖も生クリームも無添加。
だから、素朴でどこか懐かしい。
でも、「インスタ映え」するこの生クリームのように、現代っぽさもだしもする。


それは、まさに無添加住宅そのもの。

昔から使われていた漆喰や柿渋を使い、無添加いわゆる化学物質を使わない住宅。
でも、現代っぽさがあふれるデザイン。

2週間後にあります完成見学会は、住む方の年齢層を問わないシンプルなデザインで設計された企画型住宅です。
マフィンのようにシンプルな素材だからこそ
住む方の好みによって、自分好みにアレンジ自在!

お施主様の想いのこもった
無添加住宅の新築のお家をどうぞご覧になってください!!



387641f83ae7988ed1ea3e4152293ca81
完成見学会の詳細は・・・
日にち  4月14土曜日、15日日曜日
時間   10:00~17:00
会場   奥州市水沢区姉体町(姉体町のコメリ様、もしくはトライアル様近くです)
無添加住宅が詰まった新築、総二階のお家です。
どうぞ皆様いらしてください!!

きくちあや

季節の変わり目だから…?

2018年4月2日ブログテーマ : スタッフブログ
先日、久しぶりに家族がそろってお休み
ということもあり、
北上市のショッピングセンターへ出かけました。

3月は、年度を終えるにあたって様々な行事も重なり、
少々疲れ気味(-_-;)
昼夜の寒暖差も加わり体調を崩していました。

少しだるさを感じながらも、家族の休日を楽しもう!
と、気持ちは軽く出かけました。

ショッピングセンターで、
各々ショッピングを楽しんでいると
目に違和感を感じました。
その後、だんだんと目の痛みは強くなり、
頭痛まで…

この感じ、
今までも何度か味わったことのある症状です。

始めてこの症状を感じたのは、
結婚して新居に置くための家具をえらびに、
盛岡のとある家具やさんへ行った時でした。

目にチクチクと刺すような刺激から痛みを感じて、
涙がとまらなくなり、
目をひらいていられなくなりました。

そのとき、感じていたのが〝シンナーの臭い〟

わたしは、独身時代も建築関係の
仕事をしていましたので

〝この臭い〟〝この症状〟から、なんとなく
これが、〝シックハウス〟の症状かな…
と思っていました。
その後も、家具やさんに行くたびに
この症状を自覚していました。


幸い、その建物から出てしまえば
症状は楽になりますし、

他の新築の建物などでも症状がでることは
ありませんでしたので、
私の場合は
この症状に対して考えすぎることもなく

やり過ごすことが出来ました。

事前に〝シックハウス症候群〟
という言葉を知っていたこと、

〝シックハウス症候群の発症原因〟
が何にあるのか知っていたこと、

で、冷静に対処できたことが大きいと思います。


5,6年ほど前に、この奥州市の小学校でも、
〝シックスクール症候群〟
の症状を
複数の児童がうったえたことがありましたし、

「聞いたことある」という方は
少なくないのではないでしょうか?


この〝シックハウス症候群〟という病気は、
簡単に説明すると、

人それぞれが体内に、それぞれの大きさの
ビーカーを持っていて
そこから溢れだした科学物質に、
アレルギー反応が出た症状です。

※シックハウスの詳しい情報は厚生労働省のこちらの
ページをご参照ください
生活環境におけるシックハウス対策のページ

したがって、ビーカーの大きさには個人差があるので、
簡単に溢れる人もいれば、
なかなか溢れない人もいるわけです。

私の場合は、シックハウス症候群の原因である
化学接着剤を
製造過程で多量に使用する〝合板〟を、
大量に使用して作られた家具が、

これまた、大量に展示してある場所で発症しました。
(私が感じたシンナーの臭いはこれですね。)

わたしのビーカーの容量から
さすがに溢れだしてしまったということです。
(自分では自分のビーカーがそれほど
小さくはないと思っています)

上記にご紹介している厚生労働省のページを見てもらえば
わかるのですが、原因や症状は千差万別です。

ビーカーの容量が小さく、
かなりつらい思いをされている方もいますし、
私のように、あまりにも多量にある場所
でのみ発症している人もいます。

そして、なかにはこの〝シックハウス〟という症状を
理解されず、苦しんでいる方もいるのです。

『新築』という夢や希望にみちあふれているとき、
水を差されるように感じる方もいるかもしれませんが、
化学接着剤を大量に使った家を建てる前に、
シックハウス症候群を知っていてほしいと思います。

〝知っていたら回避できること〟なのですから。

さとうまこと


シックハウスの原因物質は特定されていないが、建築基準法ではホルムアルデヒド、クロルピリホスのみを規制。

このページの先頭へ戻る