HOMEフォトギャラリーお宅別>田舎暮らしの家 ☆奥州市胆沢区S様邸☆
フォトギャラリー

田舎暮らしの家 ☆奥州市胆沢区S様邸☆

外観

IMG_0429
 S様邸は建物の三方から、豊かな田舎の風景を見渡すことのできる、緑豊かな土地に建ってます。
あたり一面は田んぼが広がり、南西の方角には小高い山の深い緑が見えています。

 遮るものが何もない南面には、ご家族みんなの趣味の、野菜作りのためのがあり、お子さんが走り回ってお手伝いをしています。

 S様は、電磁波過敏症の症状があり、電磁波の影響をなるべく受けない土地をお探しになりました。

DSCN2439
 『電磁波過敏症』とは、電磁波が原因と考えられる体の不調のことです。
 電磁波過敏症の方は一般の人よりも電磁波に弱く、電磁波にいち早く体が反応します。

ですので、電磁波過敏症の対策として、

・コンセントを最小限に抑える。
・アース付コンセントを設置する。
・電気配線の重なりを抑える。
・電気配線を自分が長くいる場所からなるべく遠ざける。
・ジオパシックストレスを避ける。

これらを考慮して、家づくりを進めました。
DSCN2440
 『ジオパシックストレス』とは、地下の水脈や特定の鉱物の堆積、断層線や地下空洞などにより作られる、弱い電磁界によりゆがめられた振動のことです。

 この、ゆがんだ振動のない土地を選び、地下に埋設する給排水の配管も建物の下を通らないようにキッチンや浴室などの配置に考慮することが大切になってきます。

内部

6a78aed72c47595a707650df60556b3e
 こちらが、家族が団らんとくつろぎの時間を過ごす、南に面した明るいリビングです。

 無垢の床材は、お施主様がご自分の体に合ったものをお選びいただきました。

 リビングには、サンルームが隣接していますので、2面からの明るい日差しと、温もりが伝わります。
ペレットストーブのじんわりとした優しい温もりと相まって、十分な暖かさを確保できます。
DSC00879
 サンルームとキッチンが隣接することで、北側に位置するキッチンにも十分な光が届きます。

 サンルームは、天候の悪い日でもランドリースペースとして活用できますし、アウトドアリビング感覚で外の景色を楽しんだり、趣味の植物の温室にしたり、多用途に活用することができます。
DSC008811
 キッチンはジオパシックストレスを考慮し、キッチンの給排水管が家の地下を通らないように外壁側に配置しています。

 又、電磁波過敏症の方はIH電子レンジ電磁波に敏感に反応しますので、ガスのビルトインコンロを設置しています。また、電子レンジを使わなくてもいいように、ガスグリルの調理機能に合わせてオプショングッズを充実させました。

 お料理が好きなご夫妻も、電磁波の影響に悩まされることなく、お二人でお料理を楽しむことができます。
72d66229782c009e8bc2c573741082d5

 キッチンのセンターには、石天板のカウンターを設置。

石の天板は、熱や水に強く、変形や変質を起こしません。ですので、パン捏ねや、そば打ちなどの作業台には持って来いの素材です。

又、下部に設置した引出し式のキャビネットは大容量の食器棚として活用しています。 

反対側はカウンター用の高椅子を置いて、ダイニングテーブルとしてご使用されています。
IMG_0543
小さな木製の小屋。 

小さく芽を出す植物。

やがて実を付け、
それを収穫する喜び

こんな素敵な風景を眺める幸せがあります。
IMG_0532
 木質燃料を使用する、ペレットストーブは、薪ストーブよりも設置やお手入れに手間がかからず、手軽に遠赤外線の温もりを体感できます。

 揺れる炎の美しさと、自然の恩恵である、再生可能エネルギーの活用は田舎暮らしには欠かせないアイテムとして大活躍します。

水廻り

DSC00894
 キッチンに隣接させ、洗面脱衣室を真ん中に、両サイドにそれぞれ、浴室、トイレを配置。家族の動線を考えた配置にしています。

 こちらは、お施主様オーダーの洗面化粧台。こちらにも石天板を採用。
 用途に応じて、キャビネットを組み合わせて、タオルや家族の衣類も収納できるようにしています。
DSC00896
 白いホーローの浴槽、明るい色のタイルで、爽やかさとナチュラルな雰囲気に仕上がっています。お施主様の好みに合わせ、タイルや石、天井にはヒバやヒノキの羽目板を合わせることもできます。

 リラックスタイムを楽しんでいただけるよう、ユニットバスでは味わえない、オリジナルの贅沢空間になっています。
IMG_0520
 無添加住宅ではおなじみとなりました、トイレットペーパーニッチは、お施主様のお好みで個数や配置を楽しんでいただけます。

 漆喰の四角ニッチには、お施主様のハンドメイドの小物が並んでいます。こういう遊び心もお施主様の楽しみの一つになっていきます。
DSC00898
 Q,こちらの写真、何だかわかりますか?

 A,実はこちら、トイレの鍵なんです!


 昔ながらのノスタルジックな木製の鍵。きちんと用途を満たし、これで何ら問題ないのだということを思い出させてくれます。
DSC00869
 電磁波を集めやすい、棒状の金属類をなるべく使わないように、ドアノブもガラスの握りドアノブを採用しています。
 ガラスの握り部分とゴールドの金物が、アンティークナチュラルなかわいさの演出に一役買っています。
DSC00868

 寝室は、就寝時など長い時間を過ごす所であるため、電磁波の影響をなるべく受けないように配慮しました。

 自然光で明るさをとり、同時に温もりも確保できるため、電気エネルギーを必要とするものを最小限に留めることが出来ます。

 そのため、コンセントも必要ありませんし、就寝のための体の安らぎを求める部屋と考えると、小さな明りで十分だということにも気づきます。

2階部分

DSC009131
 2階には、二つの子供部屋を配置。
ダイナミックな大屋根の外観そのままに、内部の2階天井も、構造をあらわにした開放的な作りになっています。

 本棚や、勉強机も全て、無垢材で造り付してあり、無垢材の持つ自然の表情を存分に味わうことができます。

 上のお子さまの部屋には、ウォークインクローゼットを配し、プライベート空間として独立させています。
 下のお子さまの部屋は、遊び部屋として、気持ちの良い無垢の床で存分に遊べるスペースを取ってあります。

どちらのお部屋からも、リビングからも見える自然の眺望を満喫できる間取です。

DSC00902

 2階には、子供部屋の他に、二つの納戸を設けました。

 納戸は、あえて漆喰の仕上げをせず、必要最小限の作りにしています。こちらは将来、お施主様に時間が出来た時に、セルフDIYが出来るように、わざと仕上をせずに作りました。 
 
 子育てを一段落するころに、奥様が趣味の部屋として、もしくは、お子さまが増えたときには、もう一つの子供部屋として改装されるのを楽しみに待ちます。
IMG_04471
 
 お施主様が、居心地よく暮らすために、たくさんの工夫をほどこした、『田舎暮らしの家』

 四季を感じ、自然と一体となり、動植物たちに耳をかたむけて暮らす喜びがつまった、優しさ溢れるお家です。

〝自然と同化し、年月を経て、そこに住まう人たちと共に成長する家〟そんな家が出来上がりました。
お問い合わせはこちらから
このページの先頭へ戻る