HOME無添加住宅とは?>無添加住宅について

無添加住宅とは?

無添加住宅について

[youtube]無添加住宅 紹介動画

体に良くないものは使わない

無添加住宅とは

体に良くないものは使わない。
そんな当たり前のことに目をつぶり、コスト優先で、化学建材を多用した工業化住宅をつくり続けてきた日本の住宅産業。その 結果シックハウスは起きてしまったのではないでしょうか。

しかも日本の住宅の平均寿命はわずか26年。
化学合成接着剤が20年から30年で劣化して、結果的に接着剤の寿命が住宅そのものの寿命につながっているのです。
30年近くもローンを払い続けて手に入れた家が、やっと払い終える頃になって立て直さなければならないなんて、おかしい。

私たちは、合成接着剤や化学建材などの体に悪い化学物質を使わずに家を建てることはできないものかと、長年研究してきました。建材に使う天然素材は吟味に吟味を重ね、化学物質をできるだけ使わずに究極の無添加を実現し、「無添加住宅」が誕生したのです。
私たちは、家も自然と共存して生きていける場であることを基本に、「誰もが」「普通に」「安心して」100年は住める家を建てたいと考えています。

知って欲しい無添加住宅のポイント!

1
工業化住宅の怖い一面
2
シックハウス症候群
12
昔と今の疾病率比較
3
化学物質規制への疑問
4
無添加住宅のルーツ1
52
無添加住宅のルーツ2
11
安全な木って?
6
木は呼吸を続けます
7
虫が嫌う天然塗料
今の住宅が30年持たない理由
30年持たない理由
珪藻土と漆喰のちがい
珪藻土と漆喰のちがい
10
生き方が変わる
このページの先頭へ戻る