HOMEナチュセンブログ>スタッフブログ

漆喰壁のお手入れは?

2018年6月11日ブログテーマ : スタッフブログ
自然素材の家の維持は思いのほか簡単!
っていうお話。

今回は無添加住宅の成す資材の一つ、「漆喰」です。

お手入れ方法に入る前に、漆喰の話を簡単に説明すると、
原料は石灰岩。
これを加熱すると二酸化炭素と酸化カルシウムに分解され
セメントの原料になる他に、医薬品や歯磨き粉にも使われていきます。
さらに、酸化カルシウムに水を加えたのが水酸化カルシウム、
すなわち消石灰と呼ばれるもので、
漆喰やグラウンドの線を引くのに使われます。

この消石灰にスサや水、油を加えて練ったものが無添加住宅の使う漆喰です。

①湿度を調整
②火に強く
③インフルエンザのような有害菌を殺し麹菌などの有用菌のみを生かし
④静電気を帯びにくく
⑤化学接着剤を使わず
⑥シックハウスの原因物質を吸着分解する
といった特徴があり、

今回、お手入れする前に注目してもらいたいのが、④の「静電気を帯びにくい」という点です。
炭酸カルシウムがこの性質を持っている為、空気中に浮遊している微細なゴミが壁にくっつかないんです。
ビニールクロスだと、壁紙がくすんできたり、ほこりが表面についていませんか?
静電気が発生している証拠です。
漆喰の壁の近くにビニール製の収納BOX等をおくと、漆喰につかない分の浮遊物がそこにくっついて、BOX型に漆喰を汚すこともあります。



そこで・・・



ここから本題。

普段のお手入れに必要なものは、
 クエン酸、セスキ炭酸ソーダ、水、空のスプレーボトル、雑巾、紙やすり、爪(!?)。
漆喰の補修に必要なものは、
 チューブのり、水、注射器、アイスピック、ローラー、雑巾、漆喰少々


普段のお手入れは汚れた時や気になった時にやる方法をご紹介

漆喰と相性がいいのが、クエン酸。
100均でも売っているものを既定の水で薄めて使います。

汚れにシュッシュッとふりかけるとみるみる内に取れていきます!
後は、軽く拭くだけ。

BOX型に着いてしまった汚れも簡単に落ちますし、コーヒーのようなシミにも使えます。

油染みにはセスキ炭酸ソーダ。
こちらも水に溶かしてシュッシュッとふりかけて拭きます。

ただ、ビニールクロスのように表面がツルツルではなく、塗り壁でざらざらしていますので
ほこりが引っ掛かります。
そこで、掃除機や高いところはコロコロでほこりを取ってください。



次が、「漆喰補修」に必要なもの。
ビニールクロスに空気が入ったような感じに、壁に空気が入ることがあります。
それを直すのが漆喰補修。

①糊を水で薄めて、トロトロに柔らかくしたら注射器に入れて
②アイスピックで壁に穴を開けて、
③注射器でその穴から糊を入れて、
④ローラーで壁の上から糊をまんべんなくのばして、張り付けていく
⑤最後に補修用漆喰を穴に塗る

漆喰は、補修ができるので、穴を開けても、傷つけても大丈夫。



維持が簡単!
っていうお話ですが、人によって簡単の度合いが違いますので、
※個人差があります
と書いて終わりたいと思います。
漆喰は、それ自体がとっても有効な特徴を持った壁です。
加えて、張り替えるような大々的な補修ではなく、元の壁に補修できます。


自然素材のものも結構使いやすいんです
っていうお話でした。

きくちあや
















第13回無添加住宅代理店総会!!!

2018年5月28日ブログテーマ : スタッフブログ
こんにちは営業の鈴木です
先日は、東京で第13回無添加住宅代理店総会に初めて参加させて頂きました
初めて無添加住宅の創業者秋田会長にお会いしたり、全国の代理店の方々とお話出来て刺激になりました
総会では新商品の紹介や優秀な成績をおさめた会社などが表彰されます
当社はなんと・・・『無添加住宅販売棟数第二位』という賞を頂きました
これからも社員一同一丸となってお施主様が満足する無添加住宅を建てていきたいと思います
S_8027114261943
S_8027114237921
S_8027114214091
S_8023774806414

ご無沙汰してます、スタッフ一同変わりはありません(*^^)v

2018年5月22日ブログテーマ : スタッフブログ
皆さんは、普段の通勤や通学、お買いものなど外出時に、必ず同じ場所で赤になる信号ってありませんか?
私は車通勤ですが、やはり相性の悪い信号があります。
毎日全く同じジャストタイムに出るわけではないのに、決まってそこだけは赤。
だから、たまに青だった時の幸福感はたまりません!
何かツイてる気がしたりして。
と思っていたら、次にくるいつも止まらない感応式信号が赤だったり。
そこが青だからと言ってそうそう運は変わらないわけですが、やっぱりちょっとうれしいもんです。
そんな小さな喜びを重ねながら通勤しています。

さて、ショールームが見学のみになっているナチュラルセンスでして、
ショールーム内は、大工工事の音とパソコンをタイプする音が響くのみ。
ランチやカフェ、レンタルルームご利用のお客様の声がしないので、さみしく感じます。

普段ショールーム担当やカフェ担当をしているスタッフたちは、事務仕事やリニューアルオープンに向けての店づくりをコツコツとやっています。


庭の手入れをするスタッフ
庭の手入れをする東海林。
木々や花たちの成長の勢いがものすごく、毎日のように手入れをしてくれています。今年は特にバラがとっても元気です!
窓枠の模型を創作するスタッフ
佐藤は、手の器用さで日曜大工的なこともいっぱいやってくれます。
ただいま窓枠の模型を製作中。
IMG_36081
私はまかないを作っていました。
味のバランスが薄かったり濃かったり・・・。我慢して食べてもらうしかない(^_^;)



こうして今は料理が出来はしますが、工事の関係で衛生的にお客様をお呼びすることができず、ご迷惑をおかけしております。
一日も早く皆様にお会いし、楽しんでいただけるような店づくりに精進していきますのでお楽しみにしていてください!

きくちあや


改修工事~石屋根葺きを見る~

2018年5月21日ブログテーマ : スタッフブログ
石屋根葺き
ショールームの改修工事が進んでいます。
私のデスクの後ろから大工の音が響いてくるので、できればずっと工程を見ていたいと、仕事をしながら意識は後ろにちょくちょくいってしまいます。

さて、外の方は石屋根葺きが進んでいます。
作業の前に写真の真ん中あたり、頑丈そうでかっこいいはしごが気になっておりました。
あまり一般的には見られないものなのでつい目がいってしまうのですが、これで重い石を屋根に上げるようです。そのものにローラーが付いていて、何枚かまとめて上げるんです。
こやって重い石を上げていくんですね。
工事現場に行くと道具や、その使い方にも感心することばかり。
多種多様にうまーく道具を開発し、職人さんはそれを上手に上手に使っているんです。
「物は使いよう」というのは、このことだなって、どれ一つとっても感心します。

話を戻しまして、石ですが、横に張った木にフックをかけるような形で敷いていきます。
一枚一枚は重厚ですが、全体的にみると瓦よりも軽く仕上がるんです。

一枚一枚丁寧に葺いた屋根は、それはそれはかっこよく、目につく仕上がりになります!

ちょこまかちょこまかと小物のきくちが、邪魔と思われながら現場をうろついてこれからも家づくりレポートをしてまいりたいと思います。

きくちあや






グリーン材を使った家を建てる

2018年4月29日ブログテーマ : スタッフブログ
棟上げ
グリーン材という言葉をご存知ですか?

恥ずかしながら私は建築には素人同然でして、初めて聞いた言葉でした。
そんな私が調べたことを書かせていただきます。
グリーン材
IMG_32831-e1524546851397
木材は、伐採後すぐ使えるものではありません。
山に生えている木は、水分量が150%もあるそうです!
なので、製材後に必ず乾かします。
材木となるには20%切る位まで減らしていくんです。
その乾燥方法によって、構造材を3つに分類しており、
「AD材」と「KD材」そして「グリーン材」

AD材は、自然乾燥されたものです。
材木屋さんに製材された木が並んでいるのを一度はご覧になったことがあるでしょうか。
その積み方を「桟積さんづみ」といい、
木材と桟を交互に積んで風邪通し良くし、かつ太陽に当たるようにし乾燥をさせていく方法です。
伐採、製材後半年から1年、ものによっては2年以上かかります。
ゆっくり乾燥した木材は、木そのものがもつ油脂分で粘りをもち、耐久性がでます。
一方で、家が建ってからも水分が抜けていくので、曲がり、反りなどの変形や収縮があり、
その都度、「バキッ!」「バチン!」と音がしたり、
クロスのひび割れが出たりするということがでてきます。


次のKD材は、人口乾燥されたものです。
乾燥方法は様々で、100度以上の高温で木の細胞を壊しながら水分を抜く「高温式」
電子レンジのような仕組みの「高周波式」
低温(50度位)で除湿しながら乾燥させる「低温除湿式」
などがあり、短時間で含水率を下げて加工するため、伐採後早いもので2週間で使用可能になります。
水分がしっかり抜けていますので、
木材の変形や収縮、割れなどの建築構造上の不具合が極力少なくなり、クロスのひび割れや建て付けが悪いのではないかという不安が少なくなります。
一方で、強制的に乾燥させてしまっているので、脂身も抜け耐久性そのものも失っています。
30~40年は持つといわれていますが、100年持つ、もしくは、古民家の様な再利用は不可能になります。

そして最後のグリーン材は、天然乾燥がまだ十分ではない木材のことをいいます。
生に近い木で、AD材のメリットがより濃く、一方でデメリットもより濃く出ます。

では、なぜそのグリーン材をあえて使うかというと、
「100年、否300年と持つ家を建てる」為です。
建ててから、水分をゆっくり抜くことで、耐久性が上がり、かつ、その家の形に木が変形していくと考えます。

一昔前は、AD材が主流でしたが、最近はプレカット(工場であらかじめ切断し継手などを加工し、現場で組み立てるだけの状態にしておく技術)が普及したため、短時間で生産できるKD材へと流れが変わっていました。
短い工期を設けてどんどんと大量生産し、家も自分たちの世代が住めればいいというある意味ファストファッション化している現代で、この変化はなるようにしてなったものかもしれません。


アンドラ地方の漆喰の家
その真逆に位置した無添加住宅の建て方。
この改築した家が永く
皆様のお孫さん、曾孫さんの代まで続き
「むてんかびと」なる無添加住宅に住む方が
増えていきますよう願い、このグリーン材を選びました。


木材の鳴る音は新築、改築でも新しい木材を入れた方しかわからないものです。それを、ここで体感していただけたら、これもまたショールームとして存在価値があるかと思います。ただ、聞けるのは短い期間ですけどね・・・。

ということでぜひ、グランドオープンにいらしてくださいね(*^^)


きくちあや
このページの先頭へ戻る