HOME>ナチュセンブログ

先日の薪ストーブの次は…ペレットストーブのお話し

2019年1月29日ブログテーマ : スタッフブログ

ペレットストーブって皆さんご存知でしょうか?
岩手県では2000年ごろから木質バイオマスの取り組みに
着手しています。木質バイオマスとは、
「木材に由来する再生可能な資源」のことです。

ペレットストーブの燃料である〝ペレット〟がこれにあたります。

ペレットの魅力は、
1.間伐材や樹皮、のこ屑、などの再生資源であること。
2.燃焼時に出る二酸化炭素は樹が育つときに吸収する分であり、
クリーンなエネルギーであること。
3.運搬や取り扱いが簡単で着火性に優れていること。
4.含水量が少なく、圧縮されているので発熱量が大きいこと。

などが挙げられます。


9c8317cab5c0711ad75b66448ea15dde2


ペレットストーブの着火方法は、
このペレット燃料を投入口に入れ、
炉内に入れたペレットに着火するだけ。
※室温調整には、空気量と燃料が落ちる早さ(量)の調節が必要です。

後は自動で、ペレットが落ち燃焼が継続します。


1144

ペレットストーブも薪ストーブと同じで、
揺らめく炎が美しく、厳冬の寒さに彩りを与えてくれる存在です。
薪ストーブには、ステイタスとして楽しむ醍醐味があります。
しかし、薪の調達や薪割りなど、時間と労力が必要なのも事実です。
※薪ストーブを楽しんでいる方は、この時間を楽しみに感じる方がほとんどです!

しかし、ペレットストーブは燃料の調達も、
お近くのホームセンターや販売店などで購入でき、
配達してくれるところもありますので、
薪ストーブより手軽なのが嬉しいところです。

104

薪ストーブもペレットストーブもエコでクリーン!
環境に優しい暖房器具です。どちらも、
輻射熱の効果で芯から体が温まるのを実感できます。
温風機能がついたタイプもありますので、
素早く室内に暖かい空気が行き渡ります。

【画像:ナチュラルアンティーク コンク北上】




3043

ナチュラルセンスの予約制のオープンハウスでは、
国内(さいかい産業)・国外(オルスバーグ)の
ペレットストーブの温かさをご体感いただけます。

【画像:MUTENKA PUREMIUM水沢】

ショールームの薪ストーブも
オープンハウスのペレットストーブも
ただの暖房器具という概念ではなく、
たくさんの魅力をもっています!

比べて、選べる
ナチュラルセンスのショールーム&オープンハウス
ぜひご来場、ご体感してみてくださいね!

                さとう まこと

ご見学ご予約は、
ナチュラルセンスショールーム ☎0197-22-2233
又は、下記お問合せフォームよりお問い合わせください。


  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※必須
  4. ご利用の項目をチェックして下さい


  5. 以下に表示されます英数字を入力してください
  6. Captcha
  7. →資料請求はこちら←

    上記の内容でよろしければ
    送信ボタンをクリックして下さい。

    確認画面はありません。
    (ボタンを押すと直ちに送信します)
 

明日のランチは…?!

2019年1月28日ブログテーマ : カフェブログ
a304f5c37a18037e201f75f84c0f62fc
明日1月29日(火)は大人気N'CAFEのランチです!

たっぷりの野菜と卵、チーズなどなど!
中身を大公開✨ただ重ねただけだとこのボリューム!
お腹も心も見た目も全て満点のランチ☆
9f94bfd23234be4eab5eee2091845bcc
断面はこんな感じです!!

インスタ映え間違いなし★
数量限定のためお早目のご予約がおすすめです。
ランチのお時間は11:30~14:00
ぜひお待ちしております^ω^ ちば ゆりえ

期間限定!オープンハウス開催します!!

2019年1月25日ブログテーマ : スタッフブログ

只今建設中の奥州市水沢花園の無添加住宅、
4号線からすぐに位置する場所に建設中です。

こちらの無添加住宅、
完成後の2/9(土)から3/31(日)まで、
長期間のオープンハウスを開催いたします。
1143
こちらの無添加住宅、実は…
当社の営業マンの自邸なのです!

ナチュラルセンスのイベントにいらしたことのある方は
見たことある!という方もいらっしゃると思います(*^_^*)

鈴木 翔太 30歳!
特技 犬の散歩、トイレ掃除…
とのこと!
野球に青春をささげたスポーツマンです!

2b105ef8f6939deaec8b2b43757ea5f41

めでたく30歳を迎え、
とうとう男の決断をしました!
一国一城の主になる決意ですね!!

無添加住宅アドバイザーとして、
お客様に無添加住宅をご紹介している立場だからこそ!
無添加住宅を知り尽くしているからこそ!
自らの家を建てる時、何にこだわり、
何を思ったか…
ede6d65489f0eb3c0d6e900840d273701

より一層お客様のお気持ちが分る
営業マンにパワーアップしていますよ!

スタッフの家だからこそ実現した長期間の見学会。
期間中は何度でもご覧いただけますし、
主である鈴木自ら、皆さまをご案内いたします!

施主である本人から聞ける本音や生の声、
包み隠さずお話ししますよ!

場所も分りやすい立地です!
ぜひ皆さまのご都合のよろしいお時間に
ご予約下さいませ!
(土日祝は予約なしでいつでもご見学ください)

ご予約はお電話0197-22-2233
又は下記お問合せフォームからどうぞ!
  1. ※必須
  2. ※必須
  3. ※必須
  4. ご利用の項目をチェックして下さい


  5. 以下に表示されます英数字を入力してください
  6. Captcha
  7. →資料請求はこちら←

    上記の内容でよろしければ
    送信ボタンをクリックして下さい。

    確認画面はありません。
    (ボタンを押すと直ちに送信します)
 


雪化粧

2019年1月24日ブログテーマ : スタッフブログ
yuki1
こんにちは!
今年は雪が少ないと言いながら年越しをしましたが、もう1月が終わりますね。早いものです!
ここ1週間でどっさりと雪が降った奥州市。
外の木々に雪が積もり絶妙な風景で今しか見れない日本良さですよね♪♪
あたり一面雪化粧!
8c1745b3b9e8024cb91b2aed9bc4fd3f3
当社は1階でランチ、カフェを提供しており、2階がショールームになっております。1階から2階に伸びる煙突で室内は温かくぬくもり溢れる空間になっております!
「これ本物ですか?」と聞かれますが…本物の薪ストーブですよ!体の芯から温めてくれます。
ほっこりとはまさにこの事です!!

カフェ10:30~17:00
→カフェオレや紅茶、手作りケーキをご用意しております。
ランチ11:30~14:00
→ワンデーシェフでメニューは当日分かるわくわくのランチ。
ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。
ちば ゆりえ

毎日優しく温めてくれる、薪ストーブのお話し

2019年1月21日ブログテーマ : スタッフブログ

毎日、ナチュラルセンスのショールームは
薪ストーブに火を灯すことから始まります。

一番に来たスタッフが毎日同じ手順で行います。


235

当社の薪ストーブは、北米カナダのハイブランド、
HAMPTON(ハンプトン)のH300
このストーブの大きな特徴は、針葉樹や建築廃材を
燃やせる、ということです。

これらの燃料を燃やすと、炉内の燃焼温度が高くなりすぎ、
熱によるトラブルがおこるとされています。
しかし、ハンプトンの薪ストーブは、
不純物を含まない純鉄を原料にしていること、
天板に空気層があること、
通常の2.5倍の厚さでエナメルコーティングされていることなど、
高温に耐える、タフな作りのためトラブルを起こしにくいのです。
1def8819950e612099d9e7fd70cd7636

上の写真の薪棚に積んであるのは、
杉の丸太!十分乾燥させた後に薪割をします!

そして、左は当社の建築現場から出た建築廃材です。

建築現場から出る廃材は、構造材に使われる、
松や杉が多く、どちらも針葉樹です。
しかも、乾燥しているため非常に燃焼性がよく、
すぐに高温の炎を造りだしてくれます。
bd8d2d194b4ed6622fda6da945ec34d34

ショールームがオープンすると、室内の温度を見ながら、
薪ストーブに燃料を補給していきます。
いつものように、積み木みたいに様々な形の建築廃材を
薪ストーブに入れていると、お客様によく声をかけられます。

「何でも燃やせるんですね!」

そんな時、私は少し得意げにいつもこう答えています。

「このストーブは建築廃材も燃やせるストーブなんですよ!
しかも、当社の廃材は全て無垢材なので
薪ストーブの燃料には最適なんです!」と、

同じ建築廃材でも、木くずを接着剤で貼り合わせた合板や、
表面だけ木目を貼りつけたカラーフロアなどは、
いくらタフなハンプトンの薪ストーブでも
トラブルの原因になってしまいますし、
それを燃やした煙がご近所中にまき散らされるのも
気が引けてしまいます。

建築現場でゴミとされる廃材を燃料に変える、
エコでクリーンな薪ストーブ。

どんなに外が寒くて雪が舞う日でも、
包まれる様な温かさと綺麗な空気が行き渡った室内を、
ぜひショールームで体感してみて下さいね!


さとう まこと





このページの先頭へ戻る